日本と諸外国の船舶免許の取得方法の違い

マリンレジャーが幅広い年代の間で人気となっています。日本は四方を海に囲まれた地理的条件も相まって、レジャーに挑みやすい環境といえるわけです。南西諸島だと平均気温が年間で22度となっており、いつでも海水浴からシュノーケリング、さらにはジェットスキーも楽しめます。もっと行動範囲を広めて満喫をしたいという場合は、船舶免許を取得することをおすすめします。

そこでここでは、日本国内と諸外国で異なる船舶免許の取得方法の違いについて、簡単に解説をしていきましょう。まず日本の場合、必ず海上保安庁の認可を得ているスクールの通わないといけません。小型船舶免許なら200時間の学科講習と実技、大型船舶となる20トン以上なら3年間の通学です。そして試験をクリアしてライセンスが手に入ります。

アメリカやフランス、お隣の韓国の場合は1日の実技講習のみで小型船舶免許を入手することができるのが日本との違いです。しかも民間のスクールならどこでもよく、各学校で授与をされているライセンスカードさえあれば自由に操縦ができます。なお、年齢制限も異なり、国内なら16歳以上・諸外国だと13歳以上です。船舶免許を有することで実現できるレジャーは、クルーザーの操縦からマリンジェットバイクも乗ることができます。

沖縄ではレンタルサービスも点在しているので、免許があれば自由に乗り物を借りて海に駆り出すこともできます。この土地に行かれる方にはおすすめのライセンスです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*