船舶免許を取得するために

船舶免許はボート免許とも呼ばれているもので、正式な名称を「小型船舶操縦士免許」と言います。れっきとした国家資格で、取得の際には試験を通過する必要があるものです。取得の方法は、特定のスクールに通う・小型船舶教習所に通う・独学で学ぶ方法があります。この中で最も現実的であるのは、特定のスクールに通うことです。

今は複数の都市にボートスクールが存在し、船舶免許の講座を実施しています。このとき、船舶免許の何級を目指すかを決める必要があるため、目的を自分の中で決めておくことが大切です。車のように排気量や船の大きさで免許の種類が決まるのではないことが、船舶免許の特徴と言えます。陸からのどのくらい離れて船を操縦するかが指標となるのです。

最も一般的な船の免許は「2級船舶免許」と言われています。沿岸区域で20トン未満の船の操縦が可能となる免許で、釣りやクルージングを楽しみたい人に最適です。操縦出来るのは陸から5海里の区域となります。おおよそ9キロメートルの距離ですから、海釣りを楽しみたい人も問題ありません。

取得のためには、ボートスクールなどで実施される学科講習や実技講習を習得し、最終的には国家試験をクリアしなければなりません。近年は時間短縮や負担を軽くするため、オンラインでの学科講習が行われているケースも見られます。実技講習だけは、必ず船に乗り操船技術や点検方法などをしっかり習得する必要があり、あらかじめ日時を決めておくことが大切です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*