船舶免許を取得するまでの流れ

船舶免許を取得するにあたって、目的となる免許の種類を決めることから始めます。水上オートバイを操縦したいのであれば、特殊小型船舶免許を取得しなければなりません。モーターボートやヨットなどを操縦するなら、航行可能な陸地からの範囲を考慮した上で一級・二級のどちらかを定めましょう。次に船舶免許を取得するための、手段・方法を選びます。

民間の免許スクールに通う方法と登録小型船舶教習所を利用するケース、独学の3つの手段があります。スクールや教習所に通うメリットは学科試験の勉強をサポートしてくれる点、実技の講習を受けられる点の2つです。学校によっては、自宅で学科の勉強をするためにメールやチャットで分からない箇所を指導するオプションが付いているケースもあります。なお独学に関しては学科を自身でこなして、実技だけ教習所・スクールに通うという方法を選んでいる方が多いです。

講習・試験の日程の中から都合の良い日取りを選んで、申し込みを行います。船舶免許は国家資格であり、当日は身体検査と学科試験が一緒に行われるのが一般的です。実技試験が別の日取りの時もあれば、同一の日程の場合もあります。スクールに通っている場合、その学校の修了試験が国家試験の学科の部門に該当するため免除されます。

身体検査および学科・実技試験にパスした方は、総合合格と認定されて操縦試験合格証明書が発行されるという流れです。合格証明書と他の必要書類を持参して、運輸局で申請すれば完了です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*