ジェットスキーの操縦にはジェットスキー免許が必要

マリンスポーツの中でも人気なのがジェットスキーです。この乗り物があれば海の上を高速で移動できるためスリルと爽快感を同時に体感することが出来ます。また、小回りが利く乗り物なので自由度も高く、比較的操作もしやすいので若者から高齢者までの幅広い人に親しまれています。ジェットスキーには1人乗りから4人乗りまであり、1台に複数人が乗れるようになっています。

そのため、操縦しなければ免許なしで乗ることは可能です。ですが、操縦したいのであれば特殊小型船舶免許の取得が必須となります。クルーザーなども操縦できる免許に1級や2級の船舶免許がありますが、これを取得している方もジェットスキーを操縦しようと思ったらジェットスキー免許を改めて取得する必要があります。ジェットスキー免許用の講習は全国にある養成機関で実施されているため、利用しやすい施設を選んで申込みを行います。

講習日程は1~2日となっており、実技講習と学科講習の両方を受講しなければなりません。講習を行う施設が国土交通省認定の登録小型船舶教習所であれば、国家試験が免除となるため修了試験のみで免許の交付を受けることが出来ます。また、最近は学科講習をオンラインで実施している教習所もあるので、このコースを選べば自宅などで学ぶことも可能です。取得したジェットスキー免許には有効期限が設けられているため、期限が近づいてきたら更新手続きを行う必要があります。

手続きを怠ると免許を執行してしまうため、継続してジェットスキーを操縦したいなら適切に手続きを行いましょう。ジェットスキー免許のことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*