ジェットスキー免許を取得するには

海の上で風を切って走りたい、そんな願いを叶えてくれるのがジェットスキーです。この乗り物に乗れば100キロ近くのスピードで海の上を走ることも可能です。実際に操縦する場合は国家資格である特殊小型船舶免許が必要となりますが、取得は16歳から可能です。ジェットスキー免許は1~2日程度の講習を受けた後に国家試験か修了試験に合格すれば交付されます。

頑張ればかなり短期間で操縦できるようになるためマリンレジャーに興味があるならトライしてみてはいかがでしょうか。ジェットスキー免許については全国各地にある教習期間に専用コースが用意されているため、これを受講すれば受験資格を得ることが出来ます。具体的な講習内容については学科試験と実技試験に別れており、学科試験では海上交通に関するルールやジェットスキーを操縦する上で守るべきことなどについて学びます。実技試験では実物のジェットスキーを使いながら操縦技術やロープワークなどの技術を身に着け、点検方法なども学びます。

免許の交付は国家試験に合格すると行われますが、国土交通省が認定した教習期間であれば修了試験の合格をもって交付となります。ジェットスキー免許は他の免許に比べると比較的短期間で取得できるのが特徴です。また、取得した免許には有効期限が設けられています。そのため、有効期限が近づいたら更新講習を受講して免許を更新する必要があります。

有効期限が過ぎてしまったら免許失効となりますが、執行再交付講習を受講することで再交付が可能となります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*