ジェットスキー免許取得方法

ジェットスキーは水上バイクとも呼ばれる船舶の一種です。推進力としてウォータージェット推進システムを用い、ハンドルバーの操作をしながら、操縦者の体重移動でバランスを取りながら運転します。1人乗りと2~4人乗りに分かれています。この他にも競艇などで使用される一般よりもスピードが出るスポーツタイプのものもあります。

ジェットスキーの体験をする場合は、ジェットスキー免許を所持したインストラクターの運転のもと、複数人で乗れるランナバウントタイプに乗って楽しむことになします。ジェットスキーは陸上と違い、障害物のない海の上を自由に疾走することができ爽快感が溜まりません。一度乗るとジェットスキー免許が欲しくなるという方もいるのではないでしょうか。ジェットスキーの運転には、特殊小型船舶操縦士免許がになります。

この免許は、ジェットスキーの他にも、水上バイクや水上オートバイ、マリンジェットや小型船舶の運転が可能になります。ジェットスキー免許の講習は、場所によって異なる場合がありますが、学科・実技練習を1日、試験1日のスタンダードな2日間コースと、学科を独学で行い実技講習と試験を1日で行う1日コースなどがあります。学科講習で使われる教材は、過去の試験問題をベースにし、教科書や問題集を使用したりします。国家試験の内容は、視力検査や弁色力の検査といった身体検査と、全40問からなるマークシート形式の学科試験、ジェットスキーの取り扱いから基本操縦、応用操縦の実技試験が行われます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*