ジェットスキー免許について

船舶にはいろいろな種類がありますが、その中でもマリンレジャーで人気なのがジェットスキーです。水上バイクとも呼ばれるこの乗り物にのれば海の上を高速で走ることが出来ます。海の上は信号などがないですし、小回りが利く乗り物なので自由度が高く、時速100キロ近く出るので爽快感も感じることが出来ます。また、浜辺から少し離れた場所までジェットスキーで行き、そこでエンジンを切れば靜な場所でのんびりとした時間を過ごすことも可能です。

したがって海好きなら持っておいて損のない乗り物だと言えるでしょう。ジェットスキーを運転する場合は特殊小型船舶免許の取得が必須となります。ジェットスキー免許とも呼ばれるこの免許は、ジェットスキーや水上バイクと呼ばれる乗り物を運転する時に必要な免許であり、国家資格です。そのため、指定の教習施設で講習を受けた後に国家試験に合格しなければなりません。

ジェットスキー免許の取得には学科講習と実技講習があり、国家試験では視力検査などの身体検査も行われます。また、国土交通省認定の教習期間で講習を受ければ国家試験免除でジェットスキー免許を取得することも可能です。この場合は教習を受けた施設で講習終了後に修了試験を受けてこれに合格すれば免許が交付されます。学科試験では水上交通の特性や基本的なルール・マナーなどについて学びます。

実技試験では実際にジェットスキーに乗りながら操縦技術を学びます。また、ロープワークやハンドコンパスの使い方などの技術も身に着けます。ジェットスキー免許のことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*