ジェットスキーに乗るにはジェットスキー免許が必須

海の上を爽快に疾走するジェットスキーの姿を見たことがある人は多いでしょう。自分もジェットスキーに乗って、水上を自由自在に走り回ってみたいと考えたことが誰しも一度くらいはあるのではないでしょうか。実際ジェットスキーは、100キロくらいのスピードを出すことも可能であり、かなりの爽快感を味わえます。海の上で走ると、陸上よりもスピード感を感じやすいとされ、しかも海上は遮るものがほぼ何もありませんから、気持ちいいことこの上ないです。

しかし、ジェットスキーは誰でも勝手に乗っていい乗り物ではありません。ジェットスキー免許が必要になってきます。ジェットスキー免許は、正式には特殊小型船舶操縦士免許といいます。ジェットスキー免許がないと、乗ることはできません。

たまに1級や2級の船舶免許を持っていれば、ジェットスキーも乗れるのではないかと思い込んでいる人がいますが、それは間違いです。水上バイクに乗るには、必ずジェットスキー免許を取得する必要があるので注意しましょう。ジェットスキー免許の取得は16歳から可能であり、取得するためには、国家試験を受ける必要があります。国家試験といっても、そんなに難しいものではなく合格率はかなり高いので、ちゃんと勉強すればほぼ誰でも取ることができます。

国家試験を受けるのが嫌な場合は、教習コースを選択するという方法もあります。教習コースでは、教習所で教習を受けた後に、そこで修了試験が行われ、それにパスすれば国家試験を受けなくてもOKです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*