ジェットスキー免許のとり方

海での遊びと言えば、ボートやサーフィーさらにはなめらかにジェットスキーを走らせている人の姿を時折目にすることがあります。そういう光景を目にすると「いつかは自分もジェットスキーを運転できるようにしたい」と思うのではないでしょうか?では、どうすれば実現可能でしょうか?それは、ジェットスキー免許をまず取得することです。ジェットスキーの免許はバイクと同じで16歳以上から取得資格が得られます。取得する方法としては大きく分けて2つありますが、1つは国家資格を受験する受験コースそしてもう1つは、国家資格を受験しない教習コースです。

基本的に言って受験コースも教習コースも難易度は変わりませんし、学ぶ内容もほぼ同じです。ジェットスキー免許の取り方は、全国のジェットショップが窓口になっていることが多いようです。そしてそのジェットショップの店長やスタッフが進める教室に行ってきちんと、ジェットスキーに関しての知識と資格を身につける必要があります。近年ジェットスキー免許をきちんと取得せずにスリルを味わうためにジェットスキーで海を走行し事故を起こしてしまう、というケースは後を絶ちません。

自分が怪我をするだけではなくジェットスキー免許をきちんと取得して安全に走行している他のジェットスキーにぶつかって、大けがをさせてしまうことも珍しくありません。それで、ぜひ自分と周りの人の安全と命を大切にして楽しむことは重要です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*