ジェットスキー免許の国家試験は独学しかない?

水上バイク免許、ジェットスキー免許は自動車やバイクの免許に比べると費用も安く、取得できる日数が短いことが特徴です。ジェットスキー免許の取得には、自動車のように教習所があり、そこで定められたカリキュラムを修了する方法が主流ですが、国家試験を受けて取得する方法もあります。しかし国家試験で取得する方法は合格率が低く、手軽に取得できるとは言えません。ですが免許取得にかかる費用は、学科試験から身体測定、提出する写真や住民票などの細かい費用なども含めても、教習所の三分の一程度で済む上、試験も1日で終わるというメリットもあります。

学科試験の内容は、4問択一問題で海を航行する際のマナーや、心得、水上バイクの構造などがあるようです。ジェットスキー免許の国家試験の学科試験は、独学で勉強しなればならないと言われていますが、国家試験のための対策を公開しているサイトもあります。中には有料で試験対策コースもあるので、気になる場合は調べてみると良いでしょう。難しいと言われていますが、海を航行する上での常識が問われていますので、知識やマナーがなければ実際の運航に支障が出てしまうでしょう。

問題は実技試験です。実技は20分程度で、コースを指定された速度で運行するという形式です。実技試験の合格率は低くはないと言われていますが、ジェットスキーにまったく乗った事がないという人はさすがに試験にパスできないでしょう。ジェットスキー免許を持っている人から習う、または教習所の実技試験対策コースを受講して臨む人が多いようです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*