ジェットスキー免許の教習所について

特殊小型船舶操縦士免許のことであるジェットスキー免許を取得するには、教習所で学科や実技の講習を受けるとスムーズです。水上オートバイの教習はボートの教習所でおこなわれていて、様々なコースが用意されていることがあります。それぞれによって時間数や費用などが異なっているので、自分に合ったものを選ぶのがポイントです。ジェットスキー免許を取るための教習所を利用するには、まず申し込みをします。

この免許は16歳以上でなくては取れませんので、受講資格には年齢が定められているのが一般的です。16歳未満の場合には、いつから受講できるかを確認しておく必要があります。また色覚や張力、身体機能などについても受講できるかどうか分かれるため事前に確認しておくと良いでしょう。申し込みはwebや電話、ファックスなどで受け着けていることが多いです。

ジェットスキー免許に対応している教習所のコースには、日曜日に開講しているものや平日に受講できるものなどがあります。2日間の日程のコースもあれば、1日で終わるものもあります。国家試験の会場にもなっている教習所は、実技の講習で使用したものと同じ水上オートバイで試験が受けられるのがメリットです。練習をして慣れていれば、コツが分かっているので合格し安いと考えられるからです。

また教習所のジェットスキー免許の講習には、国家試験を自分で受験するものと国家試験が免除されるものもありますので、自分に合ったものを選ぶようにします。ジェットスキー免許のことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*