船舶免許のメリットやデメリットとは

正式名称を小型船舶操縦士免許という通称船舶免許は、1人でも操船可能なボートを操縦して、水上での活動が可能となる免許です。一般的には総トン数20トン未満で、全長24m未満の船舶が小型船舶操縦士免許で操縦できる船舶となります。船舶免許はマリンスポーツや水上でのレクリエーションに最適で、営業を目的とする漁業や旅客以外に活用できます。一級小型船舶操縦士は航行区域に制限がないので、海洋のどこまでも航行することが可能ですが、沿海区域の外側から数えて80海里超の航行には、追加で六級海技士(機関)以上の資格が必要です。

これは有資格者の乗船によって解除される制限なので、六級海技士(機関)が一緒に乗船すれば実質的に無制限で海洋を航行できることになります。船舶免許は2級だと5海里までの航行となりますが、1級と同じく20トン未満までの船舶を操船することが可能となります。18歳未満の人は18歳になるまで5トン未満の船舶に制限されますが、18歳になれば20トン未満まで操船が認められます。二級小型船舶操縦士(湖川小出力限定)は湖と川に限定される、総トン数5トン未満でエンジン出力は15kw未満までの資格です。

制限はやはりデメリットになりますが、他の船舶免許に比べて資格取得のハードルが低いのはメリットです。特殊小型船舶操縦士は水上オートバイ限定の免許なので、ボートなどを操船する予定がなければこの資格の取得を目指せばOKとなります。船舶免許に共通するメリットは海や船舶の知識と技術が習得できること、アウトドアの幅が広がることですが、かなりの費用が掛かるのと有効期限があって更新が必要なのはデメリットです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*