船舶免許を取得するメリット

船舶免許は正式には小型船操縦免許のことで、1級・2級・特殊に分かれていて1級は18歳以上、2級と特殊は16歳から取得が出来ます。種類によって操縦可能な範囲やボートの大きさが違い、目的に合わせて選ぶ必要があって用途がスポーツ・レクリエーションに限られるので、仕事で活用するときには職種によって他の免許も必要です。船舶免許を取るメリットはまずマリンスポーツやクルージングが趣味の人だとより自由に楽しめるようになり、船を使わないといけないスポットや観光地でも行けますし、釣りが趣味だと釣れやすい場所へ行くことも出来ます。取得するにはエンジンの取り扱い方・海上の交通ルールを学び、トラブルが起きた場合でも冷静に対処が可能です。

海についての基礎知識から海図の読み方も学べるので、海の上での仕事から釣りなどにも役立てます。船舶免許は氏名・生年月日・現住所・顔写真が記載されている公的証明書で、身分証明書として他の運転免許証やパスポートと同じように使えます。ただ、公的機関や大手の企業だと理解を得るには難しいですが、確認をとることで利用も出来るので未成年で運転免許証やパスポートが無い方には公的証明書として使えます。活用できる仕事だと観光業があり、お客との接客にやりがいを感じたり自然や観光地も楽しめる仕事で、観光船の操縦からインストラクターなどがあります。

観光船の操縦は特定操縦免許が必要で、インストラクターだとマリンインストラクターの資格があると働く時にも有利です。他にもチケット販売・船舶でのパソコンなどの業務など補助的な作業もありこの場合は船舶免許だけでも行えます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*