確実に知っておきたい船舶免許の中身

船を掃除をしたい場合、フェリーや大型タンカー等を除けば、小さいものは船舶免許さえ持っておけば操縦できます。船舶免許の中身まで知っておくと、これからどのような種類の免許を取得したら良いのかわかるものです。基本的には、2級船舶免許と1級船舶免許があり、この2つのうち多くの場合2級さえ持っていれば充分です。この2つの違いはあまり明確になっていませんが、はっきり言えば陸からの距離によって異なります。

陸から5海里離れる場合には、2級船舶では不十分といえます。一方で、陸から五海里のところで活動すれば10分と言う場合には、2級船舶さえ持っていればなんら問題はありません。具体的に述べると、例えば釣りを楽しみたい場合は、そこまで遠くに行く必要はないでしょう。もちろん絶対に遠くに出たいと言う人もいますが、その場合であればもちろん免許の種類を考える必要がありますが、陸から少し離れたところで充分と言うならば、どちらを取ってもそれほど大きな違いはありません。

よく、船の大きさにも違いがあるのではないかと言う人もいます。実はどちらも大きさは決まっており、一休船舶を取得したからといって大きな船に乗れると言うわけではありません。そこまで考えれば、結局は陸地から離れる距離の問題だけであることがわかりますので、その点をよく考慮しながら免許取得をするのが良いです。ただ、最初に2級の船舶免許を取得し、後になってもう少し遠くまで離れたいと言うのであれば1級船舶を取り直せば良いのでそこまで大きな問題になる事はありません。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*