船舶免許を取得する前に考えた事は

海や川などで船に乗りたい場合には船舶免許が必要です。船舶免許といってもいろいろな種類がありますが、フェリアタンカーなどを操縦する場合は別として、小さなクルーザーを操縦する場合であれば、小型船舶免許等で充分です。そしてこの免許は2種類あり1級船舶免許と2級小型船舶免許などが存在するわけです。この2つの違いは、どの程度の距離まで走行できるかといった違いです。

一般的には、陸から9キロメートル以内のところまでならば2級船舶で充分といえます。それ以上離れる場合は、1級船舶を取得していないといけません。例えば海外に出る場合などは間違いなく行くから9キロ以上離れていますので、1級船舶が必要になります。海で釣りをする場合にはどのように考えたら良いか気になるところですが、いくら沖合に出るといっても、陸から9キロも離れたところに出る事はないです。

例えば東京湾から9キロ離れたところは、まだ東京湾になりますがかなり沖合まで釣っている状態です。それ以上先に進むと房総半島の端っこのほうにまで行ってしまうわけです。もちろん、東京から出発したとしても房総半島から9キロ以内のところならば、まだ2級船舶で通ることができます。そのように考えるならば、ほとんどの場合9キロ以内の範囲で操縦することになり問題ないといえます。

ちなみに1メートルでも外に出てもいけないわけですが、海の上で警察官がいるわけではないため少し位はみ出しても問題ないことが多いです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*